2009年08月28日

高校・the last

I believe I'm the last person who gets infected with ibfluenza virus.
私は最もインフルエンザウイルスに感染しそうもない人だと信じている。
posted by IWA at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月27日

高校・分詞/ネタ例文

I had my heart stolen by you.
僕の心は君に奪われた。
posted by IWA at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月26日

高校・whenever

Whenever Nobita visits Shizuka, she is taking a bath.
のび太がしずかを訪問するときはいつも、彼女はお風呂に入っている。
posted by IWA at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月25日

高校・関係代名詞/修辞疑問文

Who that has met him can forget him?
彼に会った人のある人の誰が彼を忘れることができるだろうか。(いやできない。)
posted by IWA at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月24日

中学・助動詞

I cannot live without you.
僕は君なしでは生きていけないのです。
posted by IWA at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月23日

高校・助動詞

You should have said, "I love you." then.
君はその時「好きです」と言うべきだったのに。
(言わなかったなんて愚かだなあ、というニュアンス)
posted by IWA at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ネタ例文

"What time is it now?" ------ "It's my father."
「今何時?」「おやじ。」
posted by IWA at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

中学・Let's 〜/ネタ例文

Let's use.
使用しよう。
posted by IWA at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月22日

高校・不定詞・結果

He went there never to return.
彼はそこに行ったきり、二度と帰ってこなかった。
posted by IWA at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月21日

高校・比較

The closer she came, the uglier she looks.
近づいてくればくるほど、彼女は醜く見えた。
posted by IWA at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

belong to 〜

My heart belongs to you.
私の心は君に属している(≒君のものだ)

× My heart is belong to you.
× My heart is belonging to you.
belongを一般動詞と認識していない生徒が目立つ。
posted by IWA at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

高校・分詞

僕は君に心を盗まれた。
○ I had my heart stolen by you.
× I was stolen my heart by you.
 
何故 × I was stolen my heart by you. ではダメか…
・能動態を受動態になおすとき、能動態の文の目的語を受動態の文の主語におく。
・それをふまえて×の文を能動態に戻そうとすると、目的語がmeになってしまい、
「私を盗んだ」ということになってしまうので×。
posted by IWA at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

中学・疑問詞

Where is here?  Who am I?
ここはどこ、私はだれ?
posted by IWA at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月20日

高校・形式主語、形式目的語

It is impossible for me to eat shrimp.
私にとって、エビを食べることは不可能だ。
I found it impossible to eat shrimp.
私はエビを食べることが不可能だとわかった。
posted by IWA at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月19日

慣用表現

余計なお世話だ。
Mind your own business.
It's none of your business.
It's no business of yours.
posted by IWA at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

中学・命令文/高校・関係代名詞what

Do what you should do.
やることやれ。
posted by IWA at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月18日

ネタ例文

One day, I met a bear in the forest.
ある日森の中くまさんに出会った。
posted by IWA at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

中学・助動詞/高校・There's no 〜ing

But you cannot deny the possibility.
But there's no denying the possibility.
しかしその可能性は否定できないな。
posted by IWA at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

高校・仮定法

I wish I had made a girlfriend during my school days.
学生時代に彼女を作っておけばなあ。
posted by IWA at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月17日

ネタ例文

You're already dead.
おまえはすでに死んでいる。
posted by IWA at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記